その他もろもろ

問題意識とジェネレーション

私に色々なことを教えてくれる先輩がいます。
その方は、ある歴代首相の所信表明演説の原稿を書かれるような
ポジションにいられる方。
今後の社会システムに対する考え方から、環境問題への見方、
また国を変えるためのプロセスなど、実に様々なことを私に教えてくれます。

その方が、私に言ってくれた一言がとても印象に残っています。
君らの世代は、どうしてもっと私達に怒りを表さないのか?
 この社会システムを作ったのは我々(50~60代以降の世代)だよ。
 今の若者は・・・なんていう言論が多いけど、そもそも、そんな若者が
 育つような環境を育てたのはお前らだろ!って、今の若者は言うべきだよ!
 こんな近視眼的な政策や価値観で社会システムを構築したから、
 今の日本はこんなになってしまったんじゃないか
、と。」

その時、私は「自分がやれることなんて限界がある、
自分一人が頑張ったって国は、社会は変わらない」と勝手に諦め、
拗ねていた時期だったので、その一言が私にとても大きな変化を与えてくれました。

だからこそ、今の自分があると思います。
ちっぽけな自分だけれども、やるべきことはあり、やれることはあると。

自分達が生きた時代、自分達が行ったことに責任を持つ
そんな人間でありたいと思います。

===・・===・・===・・===・・===

農業ではたらく

これから農業を志す人
農業に真剣に向き合っている人の
「次への一歩」を本気で支援するWebサイトです。

~働くよろこびを全ての人へ
  農業で若者がイキイキと働く社会の実現を~

OFFICEまごのて 代表 石井宏治

===・・===・・===・・===・・===

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵まれた家庭

昨日、ある人材広告媒体の営業マンの女性と飲みに行ってきました。
その彼女、一本筋が通っていて、仕事に対する姿勢が真摯。
しかも、いい感じに尖っている。
最近、あまり見ることができない面白い人です。

なぜ、この人間が出来上がったのか?を飲みながら聞いていると
「なるほど」そうならざるを得なかった事情が見えてきました。

お父さんの暴力

家庭内で女・子供関係なく暴力をふるい、お兄さんはそのストレスで
重いアトピーとなり、一時は髪の毛が抜けてしまうほど。
その家庭の中にあって、お父さんから家族を守るのは自分しかいない
という使命感と正義感で幼い女の子が一人葛藤しながら戦い続けたそうです。
小学生のころには、お兄さんと共にいじめに遭ったこともあり、
弱いものをいじめるということに対して、異常なほどに反発心を持って
いるというのでした。

一方で、私が前職の面談などで出会った多くの学生は「人生であまり困った
ことがない
」と言っていたように記憶しています。

両親がちゃんといて、仲も良く、お金もそこそこにある。
本人も適度に勉強ができ、それなりの学校に通っている。
一見、恵まれた(幸せな?)家庭で育った彼・彼女たちなのですが、
本人は就職活動でとても苦しんでいるのです。

自分がどう生きていけばいいのかわからない・・・

人を育てるということは本当に難しいと思います。
後者の恵まれた家庭でも、両親は子供をそんな風に育てようとは思って
いないのです。むしろ、大事に育てたという方が正しいかもしれません。

でも、大事に育てるというのは、単純に守るということだけではない
だと改めて考えさせられます。 

一方で、試練は意図的に作り出すものでもないと思います。
これは天から与えられるものだから。

ただ、ひたすらに向き合い、素直に正直に乗り越えるだけなんだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疑問に思うこと

歴史的な衆議院選挙から明けて31日の今日。
色々なTV番組で選挙についてのニュースやら何やらが流れていました。
これだけ選挙に国民の関心があつまり、且つ、国民が行動することに
よってこれだけの変化が起こせるという実感は未だかつて味わったこと
がなかったので、これはこれでとても良いことだと思います。

ただ、そんななかTVでコメントする町の若者やおっちゃん・おばちゃん
の意見がとても気になりました。

ー民主党に期待することは?

ー仕事につけるようにしてほしい
 
 ワークライフバランスの実現をしてほしい

 景気を良くしてほしい

 子供手当がほしい

いつから、政治家が「提供する人」で、国民が「提供される人」
になったのだろうか?と思ってしまいます。

政治家を吟味することも大事ですが、まずは自らの行動を振り返る
ことがもっと大事なことなのだと思います。

彼らを選出したのも、また、そういう体制の中で自分たちの生活に
とって大きな影響を与える様々な大事なことを他人任せにしてきたのも、
何を隠そう自分達国民だということをちゃんと一人ひとりが考えるべき
なのではないかな?と単純に思います。

体制の変化が起こったのはいいのですが、
それと共に、国民が変わらなくては結局は同じことが起こるだろうと
思うのです。政治家のレベルは国民のレベルを反映すると思うので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)