« 問題意識とジェネレーション | トップページ | デキる農家は嫁が違う »

農業と社会起業家

先日、シェアするココロ代表の石井正宏さんとお会いしました。

石井さんとは、以前に横浜のトークイベントでご一緒させて頂いた
のですが、わすかな時間だったので、話し込むことができず、
(イベントなので当然っちゃあ当然なのですが)
「今度、ぜひゆっくりお話がしたいですね・・・」と言いつつ、
あっと言う間に4ヶ月が過ぎてしまっていたのでした。

ただ、石井さんのブログを読ませて頂いて、働くということに対する
考え方や価値観が非常に近いなと思っていたので、
再開するのをとても楽しみにしていました。
そして実際にお会いして・・・・やっぱりと思えた時間でした。

飲みながら、石井さんに農業の抱えている問題や、私が考えるこれからの
農業の方向性の話を色々とさせて頂いていました。
そして、これからの農業には、経営者(ビジネスマン)が必要であり、
農業と他産業を繋ぐ人材を作っていかないといけない!、
そのためには産業としての採用戦略が必要で、と言っていたら・・・

社会起業家を目指しているような若者こそ農業をやったらいいんじゃない?
(※理由については、石井さんが上手くブログで解説してくれてます→コチラ。)  

これは、不覚ながらまったくの盲点でした。

彼ら(社会起業家を目指すような若者)は、高い問題意識とか鋭い時代感覚
を持っていて、今の社会構造や世の中に疑問や不満を持っているからこそ、
社会起業家という道を選ぼうとしているわけで、それを存分に爆発させられる
ステージを農業で作れたらどんなに楽しいことか!!と思いました。
なにより、地域や社会と密接に繋がっている農業は、社会問題の解決が
一番しやすいビジネスではないか!ということも今更ながらに気付いた次第です。

異業種の人と話をするということはとても大事だな、と改めて思いました。
同業種で課題について話をすることも大事なのですが、どうしても客観性が失われ、
発想に限界が生じてしまうことがしばしばです。

今までの農業が閉鎖的になってしまったのは、他産業との交流・切磋琢磨が
無かったから。守られ過ぎてしまった結果が今。

だからこそ、外からの風をもっともっと送りこまないと。

そして、彼らが活躍できるステージを農業に作ろう!!と決意するのでした。

===・・===・・===・・===・・===

農業ではたらく

これから農業を志す人
農業に真剣に向き合っている人の
「次への一歩」を本気で支援するWebサイトです。

~働くよろこびを全ての人へ
  農業で若者がイキイキと働く社会の実現を~

OFFICEまごのて 代表 石井宏治

===・・===・・===・・===・・===

|

農業で働く、を考える」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529271/48369023

この記事へのトラックバック一覧です: 農業と社会起業家:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)