« 10年という時間 | トップページ | 農業と社会起業家 »

問題意識とジェネレーション

私に色々なことを教えてくれる先輩がいます。
その方は、ある歴代首相の所信表明演説の原稿を書かれるような
ポジションにいられる方。
今後の社会システムに対する考え方から、環境問題への見方、
また国を変えるためのプロセスなど、実に様々なことを私に教えてくれます。

その方が、私に言ってくれた一言がとても印象に残っています。
君らの世代は、どうしてもっと私達に怒りを表さないのか?
 この社会システムを作ったのは我々(50~60代以降の世代)だよ。
 今の若者は・・・なんていう言論が多いけど、そもそも、そんな若者が
 育つような環境を育てたのはお前らだろ!って、今の若者は言うべきだよ!
 こんな近視眼的な政策や価値観で社会システムを構築したから、
 今の日本はこんなになってしまったんじゃないか
、と。」

その時、私は「自分がやれることなんて限界がある、
自分一人が頑張ったって国は、社会は変わらない」と勝手に諦め、
拗ねていた時期だったので、その一言が私にとても大きな変化を与えてくれました。

だからこそ、今の自分があると思います。
ちっぽけな自分だけれども、やるべきことはあり、やれることはあると。

自分達が生きた時代、自分達が行ったことに責任を持つ
そんな人間でありたいと思います。

===・・===・・===・・===・・===

農業ではたらく

これから農業を志す人
農業に真剣に向き合っている人の
「次への一歩」を本気で支援するWebサイトです。

~働くよろこびを全ての人へ
  農業で若者がイキイキと働く社会の実現を~

OFFICEまごのて 代表 石井宏治

===・・===・・===・・===・・===

|

その他もろもろ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529271/48088705

この記事へのトラックバック一覧です: 問題意識とジェネレーション:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)