« 働くということ | トップページ | 問題意識とジェネレーション »

10年という時間

ここ最近、すごく色々なことが「繋がり」はじめました。
自分でも驚くほど、今までやってきたことがカタチになる可能性が出てきたのです。

私が独立したのは2008年4月ですから、ようやく2年が経過しようと
している程度なのですが、たったか2年でも多くの迷いがありました。
私がやっている事業は、「農業界にもっとビジネスマンを増やさないと
農業がダメになってしまう」という危機意識・問題意識から始まっています。
ビジネスという観点で農業経営を行える人材を増やさなければ、
とうとう農業は産業として自立することができなくなってしまいます。

でも、このことがちゃんと聞きいれられることは、今まであまり無かった
ように思います。

少しでも深く考えれば、売るのも・作るのも、全て「人」です。
全部を経営者がやれる訳ではありません。
むしろ、全てを経営者だけがやっている経営体は限界がきます。
今の農業界の多くの経営体がそうであるように・・・。

「売り方」を考える人を作る
「作り方」を考える人を作る
そして何よりも「農業の経営」を考える人を作る

ことこそ、今の農業界に必要なことだと思っていました。

しかし、多くの農業経営者の方に説明をしても、そのことが理解
されることは多くありませんでした。
むしろ、「農業界は遅れているから、人材にお金をかけるなんて
ことはできないよ。そんなことに金を払えるほど儲かる産業じゃない。
それよりも、もっと売る方法ない?」

このことはイコール私の仕事に結びつかないということを意味します。
私の事業の方向性を見直すべきなのか?
何百回自問自答したか分かりません。

でも、ここに来て流れが変わってきました。
この考え方に、多くの方が賛同して下さるようになってきました。
社会の変化が起こってきたな~と実感します。

ただ、その共感者の多くが農業外の人であることを付け加えておきます。

ある方が私に言いました。
「石井さんは、この10年間の集大成が今年なんですね」

確かにな~と思いました。
私が大学を卒業し、本格的に農業の世界で仕事をしようと向き合い
始めたのが22歳。そして、今年が32歳。

10年間ひとつのことに向き合い、日々を一所懸命に生きることで、
やれることがあるんだなと思いました。

ただ、まだまだ始まったばかりです。
これからが、ちゃんとしたカタチになるかどうかの正念場です。

いよいよ仕事が楽しくなるな~と期待に胸を膨らませています。

===・・===・・===・・===・・===

農業ではたらく

これから農業を志す人
農業に真剣に向き合っている人の
「次への一歩」を本気で支援するWebサイトです。

~働くよろこびを全ての人へ
  農業で若者がイキイキと働く社会の実現を~

OFFICEまごのて 代表 石井宏治

===・・===・・===・・===・・===

|

農業で働く、を考える」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529271/47467924

この記事へのトラックバック一覧です: 10年という時間:

» 田舎暮らしドットコム [田舎暮らしドットコム]
田舎暮らしの情報満載。 あなたのセカンドライフを応援します。 [続きを読む]

受信: 2010.02.19 12:04

コメント


社長!お忙しいようですね。
今年我が社は、外食にて内定者150名です。
皆に期待することは、
まずは、3年は黙って仕事をやってみて欲しいと
強く思う今日このごろです。

10年やってみてわかりはじめることが
たくさんあるね。

そして、つくづく自分を支えて下さった
方に感謝しているよ。

若者には、焦らずじっくりとものごとに
向かってもらいたいと(自分の反省を
含めて)願っています。

PS:早くブロクを読みたいよ

まさこ

投稿: まさこ | 2010.03.05 09:46

月一回ですね。
そろそろ…

投稿: 御代田支社 | 2010.03.04 19:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)